11月は和食月間【さつま芋のレモン煮】【大根のゆかり和え】作り方

みなさん、11月は和食月間ということをご存知ですか?

11月24日が “いいにほんしょく” で和食の日。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食・日本人の伝統的な食文化」を次世代へと保護・継承していくことの大切さを改めて考える日として、制定されたそうですよ。


ということで今月のテーマは「和食」! 簡単に作れるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

さつま芋のレモン煮



調理時間:10分(冷ます時間は除く) 分量:4人分 エネルギー/102kcal(1人分) 塩分 /0.1g(1人分)


材料

  • さつま芋 2個(200g)

  • 水 100㏄

  • レモン汁 大さじ2

  • はちみつ  大さじ2

作り方

  1. さつま芋はよく洗い、皮付きのまま8㎜幅に切る。かるく水にさらす。

  2. 耐熱容器に芋がなるべく重ならないように並べ、水・レモン汁・はちみつを加える。

  3. 蓋をし、電子レンジ600W・4分加熱する。芋の上下をひっくり返し、3~4分追加で加熱する。

  4. 完全に冷めるまでそのまま放置する。




ワンポイント アドバイス

・さつま芋は細めの物を使用した方が、盛り付けがきれいに仕上がります。 ・また、種類としてベッチャリ系の芋より、ホクホク系の芋がおススメです。(鳴門金時・紅さつま・紅こまちなど)


大根のゆかり和え



調理時間:15分 分量:4人分 エネルギー/ 9kcal(1人分) 塩分 / 0.3g(1人分)


材料

  • 大根 200g

  • 水 200㏄

  • 塩 小さじ1

  • ゆかり 小さじ1/4

作り方

  1. 大根は薄いイチョウ型にスライスするする。塩水に10分程度浸す。

  2. 水分をしっかり絞り、ゆかりと和える。


ワンポイント アドバイス

・塩水につけることで全体がまんべんなくしんなりします。しっかり水分を絞りましょう。 ・大根の代わりに蕪でもおいしく作れます。



和食と言っても、むずかしく考えなくてOK! お芋さんも大根も、ちょっとした常備菜にもなるのでおススメですよ。


次回のレシピもお楽しみに。

☆キッズ食育トレーナー・管理栄養士のcomaki☆でした。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
rogo-LINE.png

Copyright © 2020 Hapimama PLUS(ハピママ プラス). All Rights Reserved.