6月のワンプレート♪【新玉とトマトのマリネ】【そら豆のポタージュ】

こんにちは♪

今回の『comakiのワンプレートレシピ!』はマイルドな辛みの新玉ねぎを使った【新玉とトマトのマリネ】

まさに今が旬、ほっこりとした味がやさしいの【そら豆のポタージュ】をご紹介します。


新玉とトマトのマリネ



調理時間: 10分 分量: 4人分 エネルギー/ 35kcal(1人分) 塩分/ 0.1g(1人分)


【材料】

  • トマト 2個(220g)

  • 新玉ネギ 1/4個(60g)

  • パセリ 少々

  • ◆ハーブソルト 小さじ1/4

  • ◆オリーブオイル 小さじ2

  • ◆レモン汁 小さじ1

【作り方】

  1. トマトは湯むきし、適当な大きさに切る。

  2. 新玉ねぎはみじんに切る。

  3. ボウルに1、2、◆の材料を全部入れて混ぜ合わせる。

  4. 冷蔵庫に入れ、味をなじませる。


★ワンポイント アドバイス

トマトの湯むきの仕方

  1. トマトのお尻の部分に、包丁で十字の切込みを入れる。

  2. 沸騰したお湯に7秒、トマトを入れる。

  3. 冷水に取り、やさしく皮をむく。

お湯に浸けすぎると、果肉がグズグズになってしまうので、大玉トマトで10秒以内、プチトマトで5秒以内が目安です。

そら豆のポタージュ


調理時間: 20分 分量: 4人分 エネルギー/ 206kcal(1人分) 塩分/ 0.5g(1人分)


【材料】

  • そら豆 50粒(むき身で200g)

  • 昆布だし 250㏄

  • 牛乳 150㏄

  • 塩 1.5g

  • 米粉 5g

【作り方】

  1. そら豆は塩ゆでし、皮を取る。(飾り用に何粒かは残しておく)

  2. フードプロセッサーで1のそら豆をペースト状にし、昆布だし200㏄と合わせて鍋に入れる。(先に昆布だしと合わせてジューサーにかけてもよい)

  3. 加熱し、牛乳を加え、塩で味付けをする。

  4. 米粉を、残しておいた昆布だし50㏄で溶き、3に入れる。よく混ぜながら粉臭さがなくなるまで加熱し、とろみをつける。

  5. 器に注ぎ、飾り用のそら豆をのせて出来上がり。

★ワンポイント アドバイス

とろみ付け用の米粉は、先に昆布だしでダマにならないように溶いてから加えましょう。

昆布だしの取り方はこちら



いかがでしたか?

新玉とトマトのマリネは、冷蔵庫でしっかり冷やしいただくと、さっぱりとして食べやすいです。

これからトマトも旬になってくるので、多めに作り置きしておくのもよいですね。


次回は子どももパクパク食べれちゃうお魚料理

【鯵のふっくらパン粉焼き】をご紹介します。お楽しみに♪

管理栄養士キッズ食育トレーナーcomakiでした。

#マリネ

#トマト

#新玉ねぎ

#スープ

#そら豆